2017/9/18 18:30より大井第二球技場で東京23FC vs Western Pride FCのテストマッチが組まれました。

Western Pride FCとはどんなクラブなのでしょうか。

ウィキペディアによると、オーストラリア2部に相当するNPL Queenslandの
2017シーズンチャンピオン(POの結果。リーグは3位)のようです。
ホームタウンはブリスベンから西に約30km離れたイプスウィッチ市。
将来のAリーグ入りを目標としており、ライセンスが取得できれば
1万5000人規模のスタジアムが建設されるそうです。いいなー。

東京23FCにとっては格上の相手。どのような試合になるのでしょうか。

 

また、今回のWestern Pride FCの日本ツアーは現地紙の記事にもなっていました。

以下、翻訳文(抜粋)です。

Western Prideのツーリスト・パーティーが日曜日に日本に来ると、イプスウィッチのサッカークラブの次の進歩的な進歩となるでしょう。

練馬への季節旅行の自己資金提供の終了時に、19人のPrideプレーヤーと8人のサポートスタッフが誇り高いサッカー国で1週間を過ごしています。

NPLクイーンズランドチャンピオンは、日本で3試合を行う以外にも、若手としての他の人生で貴重な経験を得るでしょう。

Western Pride FCのホームタウン・イプスウィッチ市と東京23FCのホームタウン・練馬区が

海外友好都市の関係にあったため、今回のツアーと対戦が実現したものと思われます。

 

Western Pride FC運営マネージャーとダン・バネル(Dan Burnell)副監督は、東京23、流通経済大学、栃木との試合を主催している。

旅行代理店業界で11年の経験を持つBurnellは、自らの豊富な知識を駆使して、PrideヘッドコーチのGraham Harveyとクラブの経営陣と緊密に協力し、旅行を実現しました。

“私は日本が大好きです”とバーネルは東京への4回目の旅に備えて言った。

「国はあまりにも多くを提供しており、それは若い集団の目的地として日本のような場所を選ぶ重要な理由でした」

東京23FCの他にも、流通経済大学、栃木SCとの対戦がこのツアーでは組まれているようです。

 

バーン氏によると、イプスウィッチ市議会は、市と日本との関係を通じて貴重な援助をしてくれたと語った。

「私たちは、私たちと姉妹都市の練馬との間でこの種の取り決めを作り出そうとしている」とバーデル氏は言う。

「我々は関係を築いて、今年だけでなく、数年後には練馬、あるいは日本側にイプスウィッチを訪問する機会を作って、私たちがホストになるという視点でリンクを確立することを望んでいる。そして交互の年に、西洋の誇りは練馬に行き、練習します。

もしかしたら、東京23FCがイプスウィッチに行く日が来るかもしれませんね。

 

バーデンは、日本へのPrideの旅は、それをさらに進歩させ、将来的にクラブの機会を増やすだろうと語った。

「いったんこのような選手のコホートが開発され、システムを適切に動かせば、扉を開けるようになるだろう」と彼は語った。

「私たちは、16歳未満の14歳未満の18歳未満の少年少女に、過去数年の間に文化交流を行う機会を与えられるように、道を開いている」

来週の日本への初出旅行で、Prideの選手たちは、フットボールの経験を広げるための観光と文化ツアーを受けるでしょう。

「私たちはWestern Prideで文化や環境を作り上げるのに本当に力を入れてきました。

「成功すれば、他の優秀な若手選手にとって魅力が生まれ、クイーンズランド州南東部の選手は、西洋のプライドのようなクラブに引き寄せられる」

Western Pride側はチームの価値を創出し、魅力あるクラブにすることで、

地域の優秀な選手を取り込もうとしているようです。

 

以下、Western PrideFCの日本ツアースケジュール

Western Prideの日本訪問の主な活動

日曜日:日本に到着し、東京ハウスイン(新宿)に入居。

月曜日:朝チームが新宿を歩く。 試合v東京23FC

火曜日:渋谷交差点、皇居、上野市場、首都圏と新宿の観光。

水曜日: Game v 流通経済大学

木曜日:観光めじ神社と原宿ショッピングと夜遊び。

金曜日:無料の日、アディダスフットサルパーク、銀座でのチームディナー。

次の土曜日: Watch Jリーグの試合 – 浦和vサガン鳥栖。

次の日曜日:ゲームv栃木SC(J3リーグチーム)

次の月曜日:ブリスベンに戻ってください。