東京23FCは28日、加部未蘭選手の現役引退を発表しました。

加部選手は2011年に甲府でプロ入りし、2013年には福岡大に進学。

2016年シーズンより東京23FCでプレーをしていました。

TOKYO 23 FOOTBALLCLUB:加部未蘭選手 引退のお知らせ

この度、東京23FCの加部未蘭選手が2016シーズンを持って引退することとなりましたので、下記のとおりお知らせいたします。

【プロフィール】
FW 加部 未蘭(カベ ミラン)

生年月日 : 1992年6月17日
ポジション : FW
身長/体重 : 187cm/78kg
出身地 : 東京都
チーム歴 : 山梨学院大学付属高等学校 – ヴァンフォーレ甲府 – ギラヴァンツ北九州 – 福岡大学 – 東京23FC

<コメント>

「今年度をもってサッカーを引退することに決めました。
私がサッカーをするにあたって、多くの方にお世話になりました。この場を借りてご報告とさせていただきます。
サッカーを今日まで続けてきた理由として、プロとして試合にでて活躍してゴールを決めることで、
両親やお世話になってきた方に感謝の気持ちを伝えたいという思いがありました。
この気持ちがあったからきついことがあっても負けずに続けられました。
引退を決めたのはある企業の方と話をさせてもらう機会をいただき、
この職業に就いたら社会人として恩返しできると思える仕事に出会えたことが大きな決め手となりました。
自分の中では次にやりたいこと、やるべきことがあるので今は寂しい気持ちよりも向上心やワクワクが強いです。
サッカーは私が一番苦手だった努力することを教えてくれました。
そして、人のためを思い努力できることが幸せなことだということも教えてくれました。
20年近くサッカーをさせてもらって、本当にたくさんの人に応援していただけて幸せ者でした。
なかなかサッカーでは結果を出して報告することができなかったので、時間はかかると思いますがこれからの人生をかけて恩返しをさせてください。
そのためにまた0からのスタートになりますが、前向きに、感謝の気持ちを忘れずに毎日精一杯の努力をします。
長くなってしまいましたが、これが今の自分の気持ちです。
サッカー小僧加部未蘭を支えてくれてありがとうございました!
これからもよろしくお願いします!」

img_8902_r

Twitterの反応