東京23FCの2016年シーズンは、

東京カップ初戦敗退・関東リーグ優勝・全社2回戦敗退・地域CL1次ラウンド敗退で終わりました。

今年のまとめとして、所属選手の選手評を書いてみようと思います。

あまりサッカーに詳しくないので、戦術的な要素にはあまり突っ込んでません。ご了承ください。

第3回はMF登録選手編その2です!

MF

 

藤田涼輔 選手 リーグ戦 11 試合 先発出場

本職どこなんだ。。

前期は左右のフルバックで出てたけど、後期は2列目またはトップの位置。

ドリブルできるし、小柄ながらフィジカルで負けることもなくボールを奪われない。

技術的には高い能力を持っている選手には違いない。ゴールに直結するプレーが見たい!

亀井政孝 選手 リーグ戦 1 試合 先発出場

出場機会を勝ち取ることはできなかったが、まだまだ21歳と若い選手。

将来の東京23FCを背負ってほしい!

角田悠之助 選手 リーグ戦 0 試合 先発出場

出場機会を勝ち取ることはできなかったが、まだまだ20歳と若い選手。

将来の東京23FCを背負ってほしい!

鈴木大輝 選手 リーグ戦 0 試合 先発出場

流経大出身3人組の一人。出場機会は少なかったが、試合に出ない日もチームのために頑張っていた。

東大樹 選手 リーグ戦 1 試合 先発出場

マインツの武藤嘉紀にtwitterでフォローされていると東京23ファンの間で話題に。

早瀬庄馬 選手 リーグ戦 0 試合 先発出場

スピードタイプの選手。U23からの昇格選手だけあって、ファンの期待は大きい。

地域CL鈴鹿アンリミテッドFC戦ではビハインドの場面で登場したが、何もできずに終わった。

本人が一番悔しいはず。来年の奮闘を期待しています!

唯井竣平 選手 リーグ戦 10 試合 先発出場

背番号が19から32に落ち、今シーズンの出場機会が危ぶまれたかに見えた唯井選手。

リーグ戦後期からはスタメンに定着し、持ち前のスピードとドリブルを活かしたプレーが光った。

エリース戦の狙いすましたシュートは見事。

古巣、流通経済大学FC戦では長い距離を走って相手DFをぶっちぎったプレーが魅力だった。

 

小林翼 選手 リーグ戦 1 試合 先発出場

探しています。

 

 

次回は最終回。FW登録の選手を取り上げたいと思います!